補助錠をつける

鍵と家

近年、空き巣の被害に遭う人が増えています。空き巣の手口は非常に巧妙化していて、とても悪質です。しっかりと戸締まりをして出かけても被害に遭うケースもあります。ピッキングが上手い空き巣なら、構造が簡単な一般的な鍵はすぐに開けることができます。さらにピッキングだけでなく、サムターン回しや鍵穴壊し、そしてこじ破りなど力技で玄関ドアを破壊して浸入する空き巣もいます。空き巣の被害に遭ってから後悔するよりも、しっかりと空き巣対策をしておいたほうが賢明です。

空き巣対策では、鍵交換をしてピッキングしにくいタイプに変更する人もいます。それでも構いませんがオススメしたいのは鍵の数を増やすことです。通常のドアには1つの鍵で施錠しますが、空き巣対策としてもう1つ鍵を増やして2つの鍵で施錠することをオススメしています。空き巣はロックを1つ開けるまでに5分以上時間がかかる場合は諦めると言われています。時間がかかることで通行人に見られてしまう可能性があるからです。さらに、住民が帰ってくる可能性もあるので、長い時間ロックを開ける作業をしません。ドアに2つのロックがあると単純に浸入するまでの時間も倍必要になります。そのため、鍵交換で玄関のドアの鍵を増やすことは有効な空き巣対策になります。住宅の防犯性能を高めると家族は安心して生活をすることができますし、室内にある大切な財産を空き巣から守ることができます。今の住区よりも防犯性能を高めたい人は、補助錠を付けてみましょう。

技術とノウハウが必要

カギ

自宅の玄関の鍵を紛失したり、折れてしまったりした場合は鍵屋に連絡して修理してもらいましょう。鍵の修理は専門的な知識とノウハウ、そして技術が必要です。ですから自分で修理することはオススメしません。

もっと読む

開口部に必要なもの

玄関

建物には多数のドアが存在しています。これは長期間使用し続けると経年劣化で故障したり、ドアノブ内部の部品が故障したりする場合もあります。ですからトラブルが起きたら、すぐにドアノブ修理業者に連絡してください。

もっと読む

最短15分で現場へ

住宅とカギ

ドアトラブルが起こると、建物内に閉じ込められてしまいます。または、室内に入ることができなくなるかもしれません。ですから鍵修理業者に連絡して直してもらうことが大事です。

もっと読む